スマホ

人事労務業務をシステムで一元管理してプロセスをシンプルに

休憩中の女性

新入社員が入社して覚えるべきことは沢山あります。本業の実務に関することが中心にはなりますが、会社について、そして会社で使うことを求められるシステムや書式、様々な事務手続きについても学ばなければなりません。
中でも、人事や労務管理に関する業務は上司や人事部に丸投げするわけにはいかず、ある部分は自分で対応しなければなりません。例えば、結婚して休暇を取る場合は、まず自分で申請手続きをしないことには、適切なタイミングで必要な期間、休暇を取ることもできません。また、勤怠管理にしても、自分がどの業務に何時間つかっており、残業が生じるのも無理のない状況であることを上司に理解してもらうには、まずは自分で勤怠状況について正確なレポーティングをしなければなりません。
こうした人事や労務管理関連手順が、相互に関連性のない様々なシステムを用いて処理されている場合、使い方を覚える社員の負担は非常に大きいです。これを軽減するため、関連する業務を一元管理することが可能な人事労務管理システムを導入することをおすすめします。これを使えるようになれば、どのような手続きやレポーティングを行うにも一つのシステムの使い方さえマスターしていればいいので、新入社員も他のより重要なことを身に着けるのに注力できるようになるでしょう。

人事労務管理システムを導入して業務を効率化しよう

労務管理と聞いても、馴染みがないかも知れませんが、労務管理とは、企業で働く人たちを支えている大切な仕事です。
業務にはさまざまな種類があり、入退社の手続き、勤怠管理、給与計算、社会保険や雇用保険の手続き、有休休暇の取得、福利厚生など、多岐にわたります。
全ての業務を手作業で行っていると、時間も労力も経費もかさんでしまいます。業務を効率化するためには、人事労務管理システムを導入することをお勧めします。
人事労務管理システムを取り入れることで、さまざまなメリットがあります。新入社員や中途入社の社員への連絡事項の伝達、入社手続き、退職する社員の手続きなどをスムーズに行うことができます。出社時刻と退社時刻、休暇など、日々の勤怠をシステム上で管理すれば、給与へスムーズに反映することも可能です。給与計算を自動システムで行うことでミスを事前に防止できるだけでなく、Webでの給与明細を発行することができ、ペーパーレス化が実現します。
人事労務管理システムを導入すれば、時間、経費、資源など、あらゆる面で効率化を図ることができ、採用や面接など、人の手が必要な業務に集中することができます。
人が行うところは人が、機械でできるところはシステムを導入し、業務効率を上げて企業の収益アップにもつなげていきたいですね。

今注目されている人事労務管理システムの活用シーンとは

複雑化してしまった業務を効率化できるなど、人事労務管理システムを導入した場合の活用シーンは1つ2つではありません。給与明細のデジタル化、書類のペーパーレス化、各種保険の従業員による申請化など、さまざまな活用シーンが思い浮かびます。これほどの活用シーンがあるのですから、導入したほうが職場の環境を良化できるのではないかと容易にイメージできます。

労務管理はもちろんのこと、人事に対していつまでもちまちまと時間をかけ続けてしまうのは時間の浪費ともとらえられますので、それならもっと業務を効率化したほうがいいです。複雑化していたとしても、それをシンプルにさせられるのが人事労務管理システム導入の利点ですので、活用シーンをいろいろとイメージできるのは確かです。導入前と導入後でどこまでの差が出るかはやってみないとわからない部分もありますが、マイナスに影響することは考えにくいです。

労務管理にしても人事管理にしても、いたずらに時間をかけると泥沼化や混迷化してしまいかねませんので、そんな事態を防ぎたければシステム化するのが得策です。人事労務管理システムを導入するのがおすすめされているのはそれらの理由があるからで、今注目されているのです。


企業様が苦手とする労務管理、それをスマホで簡単にできる術を展開している、苦手をサポートする労務管理システム『DirectHR』、誰でもスピーディーに手続きができるように20年の実績ノウハウを活かして、企業様をサポートいたします!

ピックアップコンテンツ

手を重ね合わせる

人事労務管理のやり方を変えるための具体的なシステムとは

人事業務及び労務に人手を要するのは、あまりいいことではありません。それらの業務に人手を取られて他に手を回せないのは、会社にとって不利益…

MORE